1. ホーム
  2. 医療関係者の方へ

医療関係者の方へ

 国立精神・神経医療研究センターではわが国のパーキンソン病の臨床研究・治験をよりいっそう進めるために、患者さんに治験を含む臨床研究についてご理解いただき、参加していただくためのパーキンソン病臨床研究支援チーム(Team JParis)を作りました。Team JParisは治験・臨床研究に興味を持つパーキンソン病患者さんのグループです。参加者(ここではサポーターと呼びます)には、治験・臨床研究の仕組みについての情報や、新しい治験・臨床研究についての情報、過去に行われた治験等の進捗状況の情報を提供することで、治験・臨床研究について理解を深めていただきながら、年1回臨床症状を評価し、臨床データベースを構築することで、患者さん一人一人にマッチした治験等についていち早く連絡できるようにいたします。なお、実際に治験等に参加するかどうかは十分に説明を聞いたうえで、患者さんご本人に決めていただきます。Team JParisでは、上記の他に、治験等を企画する研究者や企業に、候補となる患者さんの概数などを示すなどでも、我が国での治験・臨床研究の推進に役立てたいと考えております。(詳しくは概要をご覧ください)

 Team JParisは2013年2月に当院外来通院中の患者さんを対象として開始いたしましたが、通常はお近くの主治医の診療を受けているが臨床研究には参加したいという患者さんも少なからずおられることから、ご希望の患者さんには、主治医のご理解のもとに、パーキンソン病臨床研究支援チームに参加していただきたいと存じます。

 会の活動は上記のように一般的な治験や臨床研究に関する啓蒙活動や当院で行われている治験(わが国で行われているパーキンソン病関連の治験はほぼ網羅しております)及び臨床研究のご紹介、さらに適切な臨床研究にご参加いただくために年1回患者さんの評価(診断の確定と現在の状況把握:保険診療にて行います)をいたします。もし、先生から診療情報(病歴、検査データなど)をご提供いただければ、基本的な評価は診療情報に補足させていただく形にしたいと存じます。また、もしよろしければ、こちらでの補足的評価(画像検査等を含む)の結果を先生にご報告させていただきたいと存じます。
なお、チームに参加していただいても実際に治験等臨床研究にすぐに参加していただくとは限りませんので、実際に治験等臨床研究にご参加いただく場合には、また別途ご報告させていただきます。
趣旨をご理解の上、ご協力をいただけますようお願い申し上げます。

パーキンソン病臨床研究支援チーム 代表 村田美穂

国立精神・神経医療研究センター
パーキンソン病・運動障害疾患センター センター長
病院 院長

 ご承諾いただける場合は、お手数ですが、以下の参加承諾書(PDF形式)をご記入の上、患者さんにお渡しいただくか、または下記のTeam JParis事務局宛ご郵送いただけますよう、お願いいたします。

送り先

〒187-8551
東京都小平市小川東町4-1-1
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター内
Team JParis事務局宛

また、ご不明な点等ございましたら、下記リンク先、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ページの先頭へ

メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ